画像

  • HOME
  • 修理
  • 板金塗装実例 ムーヴキャンバス 左前廻り

板金塗装実例 ムーヴキャンバス 左前廻り

 逆光や車体映りでよくわからないですが、

左前にダメージです。

 左横から。左フロントフェンダを中心に、フロントバンパー、ホイールキャップ、スチールホイール、左前ドアまで、損傷しています。

プラスチックフェンダーですが、大きく変形してます。
プラスチックフェンダーは復元し易いので内側の骨格の歪みが分かりずらいです。
見た目だけの見積もりでは危険なパターンですね。

 左フロントフェンダ⇔左前ドア拡大したところ。ホイールカバーも損傷。

ホイールカバーも修理塗装してると新品部品の値段になるので、
基本新品交換です。写真のようなツートンホイールはなおさらです。

 左フロントフェンダ拡大したところ。けっこうへこみも酷いし、車両保険もつけていらっしゃるので、新品交換の方向で。

保険屋さんはキズの高さで事故の状況判断の材料にしますので、
メジャーも一緒に写真を撮ります。
当社なら保険修理も手間いらずです。

 いろいろなところに損傷がいっていました。左折早曲がり系の自損事故ではよくある損傷状態です。

今回の事故で足廻りが狂っていなかったのが幸いでした。
その他のキズは、当社スタッフがお客様も気づかなかったキズも見つけ出し
保険屋さんに連絡し、交換又は修理します。

 修理開始。

ドアのキズは修理中です。
フェンダーの取付部も修理しました。

 取り寄せたいろいろな部品。

写真の殆どはプラスチック部品です。
車の家電製品化の典型みたいな写真ですね。

 足廻り測定、各部品組み付け、左ドアへこみ補修整形完了。これから塗装です。

奥に見えるシャッターの中が本格塗装ブースです。
ホコリ防止、温度管理、空気の流れ、大量照明でメタリック粒子が見える大型設備です。
カーテンで仕切っただけの塗装ブースとは仕上がりが違います。
設備の値段も大きく違いますが、カーテンブースと塗装料金は同じ
なので、お客様にとってはお得ですよ。

 塗装後の仕上げの乾燥作業中。

ブース内で表面を焼き付けた後、大型カーボンヒーターで本格焼き付けします。
これだけで軽自動車一台分位の値段です。

 新車みたいになりました。

擦り傷防止塗料と本格焼き付けで、陶器のような硬さに仕上がります。
お客様にも大変喜んで頂けました。
板金塗装は職人技術の世界ですが、やっぱり機材の存在は無視できません。
大型設備を導入するにあたって、(いったい何台作業すれば元がとれるか?)
なんて考えてしまいますが、品質は導入後一台目から反映されます。
職人技と良い設備で高品質に仕上げて、協和自動車のファンを増やし徐々に回収する。
当社の仕上がり品質は、先を見据えた社長の決断でもあります。
ちなみに当社社長は歴史好きなので、かの偉人○○は・・とよく言います。  SK


佐賀県小城市 板金塗装が安い タックス佐賀にお任せください

車検や車修理に関するご相談ならお気軽にお問合せください。WEBからのご相談は24時間受付中です。お電話ならその場でご対応可能です。

無料の簡単相談を受付中
TEL:0952-73-2411
メールでのお見積りは24時間受付中

〉〉 整備工場の職人が作った第2ホームページ 協和自動車の仕事 実例集

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!