画像
ご注意!プリウスのエアコンガス補充したらエンジン不調!?

  • HOME
  • 修理
  • ご注意!プリウスのエアコンガス補充したらエンジン不調!?

佐賀県小城市 車修理 エアコン修理
ご注意!プリウスのエアコンガス補充したらエンジン不調!?
ハイブリッド車の整備は協和自動車タックス佐賀にお任せください

プリウスのエアコンガスをスタンドで補充してからエンジン不調に!?

 プリウスのエアコンガスをスタンドで補充してからエンジン不調に!?

プリウス(ZVW30型)のエアコンをガソリンスタンドで補充してから、エンジンが振動しだして・・・・ということが稀にあります。ドドドド・・・・ってかんじでエンジン不調。

「エンジンと直接関係のないエアコン系統のメンテナンスがなんでエンジン不調の原因に・・・?」とある程度自動車の仕組みの知識がおありのお客さまは思われると思います。

そうなんです。普通の車の場合は、エンジン自体の好調・不調には、エアコン装置は関連しません。

でも、プリウスはハイブリッド車、しかも、バッテリーの電気&モーター動力だけで走行するモードがきちんとあるハイブリッド車です。
プリウス/ZVW30のような「正真正銘のハイブリッド車」(※)は通常の車よりも、もっと高電圧の電気を使用します。

その特性から、エアコンのガスと一緒に充填されて配管内を循環しているオイル(コンプレッサーオイル)は、エアコン装置から電気が逃げないように、絶縁性の高い専用のオイルが使われています。

もし、通常の車に使われているエアコン用のオイルを使用すれば、絶縁性の不足からエアコン装置から電気がリークして(洩れて/逃げて)しまうおそれがあります。

具体的には、プリウスのガソリンエンジンモードで走行する際、エアコン装置から電気がリークして、点火系統/スパークプラグ関連で不具合を引き起こし、燃料の健全な燃焼に足りる「良い点火」ができなくなるおそれがあります。


そのような場合、ドドドドド・・・・というかんじで振動をともなったエンジン不調になることが多いようです。


※一般のお客様がイメージするハイブリッド車⇔なんちゃってハイブリッド車(仮称)

※ここでとりあげている「ハイブリッド車」はプリウスのように電気&モーターのみで走行できるモードがある「ハイブリッド車」のことです。

※極端におおざっぱに言い切ってしまうと、国内の「ハイブリッド車」には、電気&モーターのみで走るモードがある「ハイブリッド車」と、回生ブレーキで発電できるという意味においての「ハイブリッド車」もしくはモーターは有ってもガソリンエンジンの補助にすぎない「補助モータ付き」みたいな「ハイブリッド車」(いずれにせよ、ガソリンエンジンを完全に停止させて、電気&モーターで音もなく通常走行するモードがない車)の2種類があります。 (回生ブレーキ・・・・ググってお調べになってください)(ハイブリッド車の種類についても・・・・ググってお調べになってくださいませ)

※わたしたちは会社内では、後者の回生ブレーキ装備/補助モーター装備という意味でのハイブリッド車を「なんちゃってハイブリッド車」と呼んでいます。かなり失礼な呼び方ですが、お客さまにいわゆる「ハイブリッド車」にも色々あるということの説明に便利なのでこの呼び方を使っています。(他の業者さんもそう呼ぶ人がいるはずです)

※なんで「正真正銘のハイブリッド車(仮称)」⇔「なんちゃってハイブリッド車(仮称) 」とか失礼な分類をするのかというと、燃費があまりにも違いすぎるからです。

※同一車種で通常のガソリンエンジンのグレードと「ハイブリッド」と銘うたれているグレードの燃費スペックが、よくよくみると1.0とか2.0km/リットルしか違わないことがありますので、勘違いされないようにご注意ください。一般のお客さまがイメージしている「すげー燃費のいいハイブリッド車」ではなくて、わたしたちが勝手に呼んでいるところの「なんちゃってハイブリッド」の場合があることがありますので・・・・





その他、お車の不調については小城市の協和自動車タックス佐賀へ
お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら
TEL:0952-73-2411

協和自動車株式会社・タックス佐賀
ホームページからのお問い合わせは24時間受付中!
佐賀県小城市の格安 車修理でご案内です。

エアコンガス/オイル補充をともなわない「ガス圧のチェックのみ」も要注意です!

 エアコンガス/オイル補充をともなわない「ガス圧のチェックのみ」も要注意です!

プリウス/ZVW30に通常のエアコンのオイルを充填するのはもちろんまずいのですが、「ガスが入ってるかどうかチェックしましょうか~?」と言われて気軽に「お願いします~」とチェックだけでもお願いしてしまうのも危険です。

エアコンのガス圧を測定したり、ガス/オイルを充填する場合は、ゲージ(測定のメーター)がついた専用の接続ホース(ゲージマニホールド)を使用します。

このエアコンガス充填/ガス圧測定のための接続ホースを「通常の自動車用/非ハイブリッド車用」と「ハイブリッド車用」とを別個にそろえて絶対に共用しない体制のとれたサービス工場であることが、超重要です。

エアコンの配管内には常にガスの圧力がかかっています。エアコンのオイルも配管中に循環してめぐっています。
エアコン装置に接続ホースをつないだ瞬間、ホース内にその自動車のエアコン配管内部のオイルが必ず入り込んできてホース内に付着してしまいます。

そして、その作業が終了した後、別の車のエアコン装置にそのホースを接続すると、逆にホース内に付着した前の車のエアコンのオイルが今作業し始めた作業中の車のエアコン配管内に、「瞬間的に」侵入してしまいます。

通常の非ハイブリッド車で使用した接続ホース、つまりハイブリッド車専用のエアコン用ではないオイルが付着残留したホースを、プリウスのエアコン装置に接続したら・・・・・・まずいです。

自衛策として、プリウスなどのハイブリッド車のエアコンの整備・修理・メンテナンスはきちんとした整備工場やデンソーの代理店さんなどに依頼することを心がけましょう。
スタンドさんで診てもらう場合は「この車プリウスでハイブリッド車なんですけど、ハイブリッド車に使用のため専用のゲージマニホールド(エアコン装置接続のためのゲージつき専用ホース)を備え付けてますよね?」とめんどくさくても確認したほうがいいと思います。

「なんだこのお客さんは。めんどくさいなあ」と店員さんに思われるかもしれませんが・・・・





その他、お車の不調については小城市の協和自動車タックス佐賀へ
お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら
TEL:0952-73-2411

協和自動車株式会社・タックス佐賀
ホームページからのお問い合わせは24時間受付中!
佐賀県小城市の格安 車修理でご案内です。

最悪の場合・・・・エアコン装置一式の交換が必要になる大惨事も。

 最悪の場合・・・・エアコン装置一式の交換が必要になる大惨事も。

プリウスなどのハイブリッド車のエアコン装置に、非ハイブリッド車のエアコンのコンプレッサーオイルを充填してしまって、その結果エンジン不調になってしまった場合、最悪の場合はエアコン装置一式を交換しなくてはいけないことがあります。
いったん配管内に付着した非ハイブリッド車用のコンプレッサーオイルは、オイルのみを清掃・除去するのは不可能ですので・・・
その場合は、10万円とかでは全然足りない修理/整備になってしまいます。

ただ、エアコンガスをチェックしたのと同時期に、たまたま偶然に別の要因でエンジン不調になることもあるはずですから、決め付けは禁物です。ひとくちにエンジン不調といっても、EGRバルブ系とか他にもいろいろ原因は考えられますので・・・・

いずれにせよ、お気をつけ下さいませ。

フロント部を損壊した車の板金修理の場合もエアコン部の部品交換が絡む場合が多くありますので要注意です。






その他、お車の不調については小城市の協和自動車タックス佐賀へ
お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら
TEL:0952-73-2411

協和自動車株式会社・タックス佐賀
ホームページからのお問い合わせは24時間受付中!
佐賀県小城市の格安 車修理でご案内です。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!