画像
車の査定&買取 佐賀 うざくない問い合わせ先はここ!

  • HOME
  • 中古車販売
  • 車の査定&買取 佐賀 うざくない問い合わせ先はここ!

佐賀 小城 多久 杵島 車の買取 だいたい弊社が高いと思います。
一括査定サイトみたいにしつこい勧誘ありません。うざくありません。

これまで地元佐賀で、査定&買取を続けてきた経験から申しますと、

 これまで地元佐賀で、査定&買取を続けてきた経験から申しますと、

だいたい当社が高かったです。
10台査定をさせてもらったら、6台ぐらいは弊社の提示額が高かった。 という感じです。

ですので、地元の同業者さんからもよく買取をたのまれます。
強引な商談もいたしませんし、変な駆け引きもいたしません。


ネットの一括査定サイトにいったん登録して問い合わせをやってしまうと、複数の買取業者さんからのしつこい営業コールの嵐に見舞われることが多いです。


お電話でお問い合わせいただいたお客様には、業界での流通価格を大体のところご説明して、それをふまえて弊社で出来るおおよその買取額の予想を提示いたしております。
なるべくさらっとした、ギトギトしない、あっさりした対応を心がけております。


現車をお持ちになって査定にご来店いただいたお客さまにも、業界での流通価格を大体のところご説明して、それをふまえて実際に弊社で出来る買取額をご提示いたしております。
店頭でも、非常にあっさりした、しかしながら丁寧な対応を心がけております。
営業というより、アドバイスに近い対応といったほうが正確かもしれません。

買取になった場合は、直ちに弊社名義に名義変更いたしております。

お客様が売却された後のトラブルの心配がいっさいありません。



【買取、査定のお問合せはこちら
TEL:0120-505018

協和自動車株式会社・タックス佐賀  佐賀県小城市
メールでのお問い合わせ・お見積りは24時間受付中!


 一括査定サイトのリスク、ご存知ですか?

一括査定サイトというのは、インターネットで「あなたの愛車の査定価格は?」とかいった類のあの広告のことですね。

一括査定サイトに問い合わせをすれば、サイト運営業者さんから顧客情報をゲットした複数の買い取り業者さんからお客さまにアプローチがきます。

複数の業者さんと接触できるので、おおよその価格を知ることができるのがメリットです。


ですが、リスク?みたいな注意点があります。
一言でいえば、うざいことです。ストーカーまがいの営業君につきまとわれることです。


アプローチしてくる業者さんの中には非常にしつこくてうざいことで有名な業者さんがいらっしゃいます。

そのしつこさが、社会常識的にどうなのかな?というレベルの場合がこまるんです。

いつまでも、おかまいなしにバンバン連絡があったらうざいですよね。これがリスクの一つです。



また、電話・メールなどでのファースト・アプローチでは高額な価格提示をおこなってお客さんの気を引いたうえで実車査定のアポイントをとって、実際の査定ではあれこれ理由をつけて必要以上に減額する手法も未だに横行しています。

というよりそのやり方が主流ですね。いわゆる「買い叩き」ですね。



さらに、「二重査定」「再査定」とGoogle検索すればちょこちょこでてきますが、いったん買い取り契約書を取り交わして買取価格を契約書に明記して現車を引き取ったのに、後日の買い取り代金の支払いの段階で「実は○○の部位に故障が見つかった」「修理歴があった」「下廻りに○○が・・・・」などと言いがかりをつけて一方的に減額してしまう業者さんもちょいちょいいらっしゃいます。
※もちろん、新車から乗ってる車で修理歴があるのに「修理歴などは一切ないです」とかお客さまがついつい嘘ついちゃったりした場合はだめですよ。


これらの「買い叩き」「二重査定・再査定」の手法にやられちゃった場合、お客さまが人間不信に陥ってしまうリスクもあります。




 一括査定サイトの仕組み

ご存知でない方も多いと存じますが、一括査定サイトはお客さまから集めた査定依頼情報を提携買取店に1500~2500円/1件ほどで販売しているんです。

提携先の買い取り業者さんは月々5万円、10万円、30万円~の契約枠の範囲で、お客さまからきた情報を玉石混淆の状態で問い合わせの内容を問わず、強制的に買い取らさせられることになっています。
(その意味ではお客さまの個人情報が、複数の買い取り業者さんにダダ洩れしてしまうというリスクもあるんですよね)


一括査定サイト運営業者から有料で顧客情報を買い取った業者さんは、いきおいその情報を商売につなげて利益を出さないと丸損になってしまいます。

なので、一括査定サイトからの査定業者さん・その営業君は買取査定で必死にがっつくようになってしまいます。
これは仕方のないことです。


だいたいが毎日毎日、毎朝毎朝、上司さんから今月の買い取り目標台数&目標粗利をがーがーぎゃーぎゃー言われ続けていれば、人間、メンタルをやられるか、割り切って悪い意味で優秀な営業君にならざるをえなくなります。

そして、自然としつこくうざいストーカーまがいのド根性営業(台数ノルマ確保)と二重査定(粗利ノルマ確保)などの禁断の悪徳テクニックにはしることになります。

一括査定サイトのご利用の場合は実際の現車査定は営業マンの出張査定になることが多いです。
出張先のお客さまとのフェイス・トゥ・フェイス、1対1のやり取りの中で、優秀なド根性系の営業君は、褒めてすかして、極端に減点して安く提示して、お客さまが今手放せば特別に10万円UPするといい、現場から架空の上司に迫真のウソ電話をして一人人情芝居を演じてさらに5万円UPしたり、査定中の車を欲しがっている架空のお客さま情報を披露してさらに3万円UPしたり、再査定減額前提での高額提示までやってしまうなど長時間にわたりお客さまを拘束してありとあらゆる秘術を尽くします。

一面、えらいなあとも思います。
でも、一般の社会人としてはどうなのでしょうか。



もちろん、メンタル的に厳しい職場環境にもかかわらず、小公女セーラみたいな、不幸に負けない名作アニメ劇場系の主人公さんのように、明るく正しく節を曲げずに良心的に査定・買い取り業務をされている営業君もたくさんいると思います。がんばれ!負けるな!と心から応援したいです。


でも、割り切り系のだまくらかし営業君、押しが命のパワー系の営業君もすくなからずいらっしゃいます。困ったことにそっちのほうが営業成績が良かったりします。


お客さまが多少のことは跳ね返すことができる強いメンタルと、人を見る目と、うざいアプローチでもサクサク裁ける時間的・精神的な余裕がおありでしたら、一括査定サイトのご利用も情報収集の面で大いに有用だと存じます。

ご自身も営業職の男性の方などにはうってつけかと存じます。


でも、ご自身で「自分は強引な押しに弱いかな」といった一抹の危惧をお感じなら、一括査定サイトのご利用はお避けになったほうが嫌な思いをせずにすむかもしれません。



直接一社々々に持ち込み査定をするなり、個別問い合わせを2,3店にしてみるほうがいいかもです。

一括査定サイト→出張査定来襲 のケースよりもお客さまのほうが主導権を握りやすくなります。

 買い取り業者さん・車屋さんに車を売却する場合に大切なこと!

① 売却した業者さんの自社名義に1週間ぐらいでやってもらう約束を書面でかわすこと。

お客さまから買い取った車を転売できるまで名義変更せずに放置する不届きな業者さんがたまにいますので。


② 名義変更したあとの車検証のコピーの送付期限を書面上明記すること。1ヶ月以内がかたいところでしょう。




③ 車の売却代金の受け取りと現車&書類の受け渡しは、なるべく同時に行いましょう。つまりは現金受け取りが一番確実です。

二重査定・再査定による業者さんによる減額交渉作戦を防止するためです。
多額の現金を持ち歩くのは防犯上気がすすみませんが、本当は車&書類⇔現金引換えが一番です。





④ 車売却代金・振り込みの場合は、当日・翌日という期日約束で書面に明記してもらいましょう。

振り込みまでの期間が長くなれば、二重査定・再査定による減額交渉作戦発動のリスクが高くなります。




⑤ 車売却代金・振り込みの場合は、二重査定・再査定による減額交渉は一切行わないと書面で明記してもらいましょう。

明記したからと言って絶対安心だとは言えませんが、かなりな抑止力にはなります。
(車の買い取りのトラブルごときで実際に裁判になるのはほぼほぼない、と高を括っている海千山千の営業君もおおいので、絶対ではないんです。やっぱり現金が一番。)



こんな感じです。





----------------------------------------------------------------------------------------------


※「いったん契約書面で金額を決定したのに、振り込みの時になってお金を減額してくることって、ほんとうにあるの?」「訴えられることになるんじゃないの?」と普通の方だったらそう疑問におもいますよね。
でもそうじゃないんです。
実際にリアルに想像してみてください。

お客さまが100万円で業者さんと買取契約を結んで5日後に振り込みしてもらう約束をしました。
ふつうに現車と名義変更書類を引き渡しました。

一方、買い取り業者さんは「熱くなって100万円で買取りしたけど、冷静に考えると相場的にヤバいな。競り市に出しても採算合わないかも・・・・」と100万円提示での買取を後悔しはじめました。

4日後ぐらいに「じつは査定時には見つからなかった不具合・瑕疵(修理歴などいろいろ)が見つかりました。当初の価格は通常の品質・性能・機能を満たしているからこそ付けた価格だったんですが、この不具合で大幅に採算を割り込んでしまいます。10万円減額するのが本来ですが、ご縁があって引き取ったのだから5万円の減額で処理ができるように上司から許可をもらいました。95万円のお振込みでご納得いただけるでしょうか?」と業者さんからお客さまに電話がありました。


そんな時、お客さまならどうされますか?


車は業者さんにすでに渡してしまっています。名義変更に必要な書類も業者さんに渡してしまっています。「約束通りの金額を払わないなら車を渡さないぞ!」という同時履行の要求の手段はもう失われています。お客さまの手元にあるのは買い取り契約書だけです。

物理的に車を取り戻しに行きますか?
車が売ったお店に保管してあるとは限りませんし、車があったとしてもそこで合意なしに持ち帰れば犯罪です。
こっそり持って帰れば窃盗ですし、力づくで乗って帰れば強盗になります。
いったん車が業者に渡れば物理的に取り戻すのは至難の業です。

「どーでも、車を返せ!買取契約は解除だ!」ということを伝えれば、そこそこ高い「キャンセル料」を請求されます。「キャンセル料」の金額は業者さんの胸先三寸というところですが、5万円~10万円とか請求されることが多いようですね。
キャンセル料を払わなければ、車は戻ってこないです。
また「もう売約済みです」とか言われて、その分の損害金と称して20万円をこえる金額を請求されることもあるようです。




では、約束どおりの100万円をどうしても払ってもらう方向で努力しましょうか。


抗議の電話をかけ続けますか?
それぐらいで済むならそもそも二重査定・再査定・減額交渉なんか仕掛けて来ないです。
減額交渉を仕掛けてくる時点でお客さまは容易ならざる相手とかかわってしまったということです。
相手は聞き流して水掛け論を承知で自分の主張を繰り返すだけでしょう。お客さまが95万円で納得しなければ、お客さまが根負けして折れるまで支払い時期を引き延ばすだけです。



警察に相談しましょうか?
警察に相談しても、第三者から見れば民事の契約上の揉め事、それも5万円という少額いざこざ以外の何物でもないので、まず取り合ってくれません。
車の売買契約上の揉め事ですので、民事ですもんね。
お客さまがいくら「詐欺だ!」と騒いでも、実際お客様から見た事実関係がそうだとしても、業者さんが「契約上の見解の相違です」と主張したらアウトです。




では、5万円取り戻すのに弁護士さんに相談しますか?
よほどの知り合いさん・友達でなければでなければ5万円ぐらいの紛争事案では動いてくれないのではないでしょうか。「解決」ではなく「相談」の段階から、通常は何千円かかかります。超親切でお金要らない弁護士さんがいるかもですが、ふつうはどうなんでしょうか。





消費者センターに通報相談しますか?
消費者センターに話せば相談には乗ってもらえますし、場合によっては先方の業者さんから事情の聞き取りをしてくれることもあります。でも、消費者センターは裁判所じゃないですから、支払い命令や車の返還命令などは一切だせません。「相談に乗るだけ」です。あまりにもクレームの多い業者なら行政に働きかけることもありますが、ちょこちょこあるぐらいではおおごとにはしてくれません。また、消費生活センターさん自体が相手と交渉したり会いに行ったりしてくれるわけではありません。
それにいくら小ずるい営業君といってもほとんどの仕事はいたってノーマルです。
ふつうに採算の取れる買取契約の場合は、買取契約締結後の減額交渉なんてヤバいことはやりません。
他店さんと競合して熱くなった挙句に清水寺の舞台から飛びおりたような気持ちで価格提示をして買取して、舞台から飛び降りている最中の墜落感にびびって買い取り代金の支払い前に禁断のパラシュートを開きたくなった場合にだけ、「二重査定」「再査定」→契約後の減額交渉という禁じ手を使うのが通常です。
だから、消費者センターにガンガン苦情が舞い込んでいる買い取り業者さんというのも普通はないでしょう。
社会問題になるほどに苦情が集中していない状況では行政もうごきません。



結局、買取契約&現車・書類引き渡し後の減額交渉を迫られた場合、警察、弁護士さん、消費者センターは、ほとんどの場合、「手軽に」「簡単に」「気軽に」お客さまを救済してくれるところにはなりません。


それがわかっているから、悪い営業君は、後から冷静になって考えると相場的に高すぎる買取契約を結んでしまったと後悔モードになった場合、現車と名義変更書類を押さえてしまえば、お客さまが根負けするまで3万円とか5万円とか6万円とかちょいちょい減額交渉してくるんですね。



騙されたほうが悪いわけではないです。日常生活のなかではありえないことですよね。

騙すような営業君にかかわってしまったお客さまの運が悪かったとしか言いようがないです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------


 いろいろ、なんだかなあ。ということを申しましたが、

それでも、ちょこちょこ注意をして、分かったうえで、買い取り業者さんを利用してみてください。
得をすることも多いですから。


そもそも、世の中になんで買い取り業者さんや一括査定サイトがあるのかというと、やっぱりディーラーさんの下取り査定よりも中古車の実勢相場に基づいた買い取り業者さんの買取価格が高いことが多いからです。

一本電話したり、メールしたり、現車を買い取り業者さんに見せたりする手間をかけることで5万円、10万円、20万円以上違ってくることも珍しくはないですので、ちょっとだけ覚悟して買い取り業者さんに問い合わせをしてみてください。

日常生活の中で5万円、10万円って、とてつもなく大きい金額ですよね。

ただし、悪い営業君のペースに嵌らないように。

 気づかい無用のフリーダイヤル 車の査定・買取 佐賀のお客さま0120-505018

田舎者ですが、毎日全国から仕入れをしていますので、中古車相場には通じています。
お客さまからの直接のお問い合わせにお答えいたします。

一括査定サイトには登録しておりません。
結局、一括査定サイトからの情報提供料がコスト的にきつくなって買取価格の下落要因になってしまいますので。また、一括サイトからの査定依頼情報の受付をして実際の商談に結び付ける担当の社員さんがメンタル的にヤバイ状況になってしまいますので。



古賀、水田、納富が対応いたします。
洗練されない田舎者の正直さが身上です。ご相談ください。

当社が買取しきれない車もできる限り相場はお調べしています。
査定はもちろん無料です。

他店さんのほうが高い場合は、その数字が相場的にどういう位置付けか、ということまでの解説まで致しております。

「競り市よりも高いです。めったにでない数字ですから、売ったほうがいいでしょう」
「競り市よりかは安いですが、そこそこいい数字です」
「今後の相場の変動リスク考えると、まあ用心した価格提示の部類の中ではがんばった数字でしょう」
とか。




うちの出した数字が高いときは弊社でのご売却をおすすめしています。
買取の場合は、1週間で弊社名義に名義変更&名義変更済みコピーご送付。
お車のご売却代金は現金OK。振り込みの場合は当日もしくは翌日。振込手数料弊社負担。

安心です。



【買取、査定のお問合せはこちら
TEL:0120-505018

協和自動車株式会社・タックス佐賀  佐賀県小城市
メールでのお問い合わせ・お見積りは24時間受付中!



※電話や直接ご来社のほうが手っ取り早いです。

ご参考までに。悪い営業君の出した査定結果見本。う~ん。

 ご参考までに。悪い営業君の出した査定結果見本。う~ん。

2017年(H29年)の後半ぐらいでの案件です。

1年落ちの
H28年式 NBOXカスタム G-L パールホワイト 
2万Kmぐらい 車検は31/○まで 
片側パワースライドドア
安心パッケージ(自動ブレーキ)装備なし
ちょこちょこ傷あるものの 全体としては良好。 
オークション評価点でいえば4.5点ものに該当。きびしく査定しても4点の中では上物。
ちなみに社外ナビは故障してました。

タイヤ2本新品交換必要。左ドアミラー、左サイドステップエアロに傷→部品交換の必要。
ナビTVは新品交換必要。
その他ルームクリーニング経費、メーカー保証継承費用などちょこちょこ販売経費はかかるものの、
ぼちぼちの高年式、高品質車です。
残念ながら禁煙車ではありませんでした。
ただ使用期間が数年まではいかないので、きつい臭いとまではいかないレベルでした。

>>ご参考までに。中古車の評価点について かなりざっくりのご説明


弊社の買取金額は105万円でした。
(当日現金払い済み。つなぎの代車無料貸し出し。代車回収後に弊社名義に変更)


弊社にお見えになる前にお客さまが査定をされた某大手買取業者さんの査定提示額
が下の画像です。

こんなことやってたらだめでしょう。

 こんなことやってたらだめでしょう。

評価点3.5っていうのも意味不明(それとも業界のオークションでの評価点よりは超厳しい独自の評価点?)ですし、
査定額の全国定価っていうのも意味不明(そのチェーンでの買取の標準価格?だったら逆の意味で価格破壊)ですし、
62.2万円→すぐに車を置いていけば69.2万円ですよ!ってこれはちょっとないでしょう。

繰り返しになりますが、弊社の買い取り額は105万円でした。
買取価格相場としては、普通よりちょい高いぐらいの価格です。

とくべつに弊社が超高値をつけたわけではありません。
日頃の仕入れ活動の一環として普通に提示した価格です。

こんなことばっかりやってるからネットで悪口が絶えないんですよ。
ブローカーさんじゃないんだから、ある程度のレベルは保ってほしいと切に願います。


お店さんが小さいお店さんや個々人でやっていらっしゃる買い取り店さんならがちゃがちゃ申し上げません。
でも、名指しはもちろんいたしませんが、一定の社会的貢献を果たしてほしいと期待されてもいいぐらいの大手さんです。


あんまり腹が立ったので、このHPをわざわざ読んでいただいたお客さまには被害にあってほしくないと思いまして不本意ながらの一文でした。


買取・査定のことでしたら、ご相談ください。
もちろん商いベースのラインを守ったうえでのことにはなりますが、親身になってご相談に乗ります。
すべてのお車を買取できるわけではございませんが、
それでも相場はお調べいたします。


地元のみなさまに損はしてほしくないと願っています。



【買取、査定のお問合せはこちら
TEL:0120-505018

協和自動車株式会社・タックス佐賀  佐賀県小城市
メールでのお問い合わせ・お見積りは24時間受付中!



※電話や直接ご来社のほうが手っ取り早いです。

中古車販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!