画像
エアコン修理のお見積の一例(メールでのやり取り)

  • HOME
  • 修理
  • エアコン修理のお見積の一例(メールでのやり取り)

メールにてお問い合わせがあった、実際のメールのやり取りとお見積例です。ご参考にされてください。

 お問い合わせメールの内容。※個人情報に関する箇所は削除、加筆変更いたしております。

メールトドイテル (*゜▽゜)ノ[\/]
----------------------------------------------------------------
エバポレーターにヒビが入ってるみたいで修理しないといけないのですがだいたい設置含めいくら程かかりますでしょうか?

【車情報】
車種 : ○○○○(軽自動車でした)
年式 :
走行距離 : 5万キロ以下
車検満了日 :
弊社からのご連絡方法 : メール
お電話させていただく場合の時間帯 :
車両重量 :
型式指定番号 :
類別区分番号 :
車台番号 :
スマートフォンからのお見積り

--------------------------------------------------------------------


。。。o(゜^ ゜)ウーン 情報が足りないなあ。車種名と、走行距離しかわからない・・・・
もう少し情報をいただこう。
エバポレーターという故障部位の特定・指定があったから、他店さんにいったん入庫したか、整備関係の方からそういう指摘があったのかな?

カタカタ(*^-^)ヘ_/

メールソウシン (*)~~~~~~~~[\/]

----------------------------------------------------------------
弊社のホームページからのお問い合わせありがとうございました。

早速3つぐらいに場合分けした見積もりを作成したいと思いますが、
初度検査年月
車台番号
型式指定番号
類別区分番号
この4つの情報が必要です。

初度検査年月は、自動車検査証1番上の段の中ほどの枠です。
車台番号は、左端上から2段目です。
型式指定番号と類別区分番号は、自動車検査証の右端上から3段目に書いてあります。

お手数ですが、よろしくお願いします。_(._.)_


 お客さまからのご返信。

メールトドイタヨ (*゜▽゜)ノ[\/]
------------------------------------------------------------

先日エバポレーターの件でお問い合わせした○○です!

車台番号:ABC123S-1234567

型式:TA-ABC123S

型式指定番号:12345
類別区分番号:0001

初年度検査年月:平成18年5


------------------------------------------------------------


(*^-^) 情報がそろった。現場のメカニックと相談打ち合わせして、各種部品価格調べて、見積をつくろう。

カタカタ(*^-^)ヘ_/

メールソウシン (*)~~~~~~~~[\/]

  修理の概要ですが、

返信が遅くなって申し訳ございません。

修理の概要ですが、

■今回他店様でご指摘のあったエバポレーター(冷えたガスを通すあみあみ。これに扇風機の風を当てて冷風をつくります)の交換

■同程度劣化のおそれのあるコンデンサ(エアコンガスを半液半気体→ほぼ完全な液体化にする装置)

■ドライヤー(コンデンサからきた液状のエアコンガスをクリーニング&残留気体を回収)(お客さまの車種はコンデンサ&ドライヤーは一体型です)


の交換がメイン作業です。

  ここで、整備代の節約をどこまでするかが問題になります。 ポイントはふたつです。

ここで、整備代の節約をどこまでするかが問題になります。 ポイントはふたつです。


ポイント1【全部交換する⇔エバポレーターのみ交換(コンデンサ交換を省く)】

今回問題となったエバポレーターが洩れているとして、コンデンサも同程度に劣化していることが予想されます。
外観からは判断できませんが、エバポレーターに不具合があったこと自体からそう推測するのが、整備工場としては通常の判断です。


エバポレーターのみを交換する場合は、コンデンサが故障した場合のリスクを考えておかないと後日あわてることになります。


逆にお客さまが「この車、もう長くは乗らないから、応急的な対処療法でいいよ」とお考えの時は、エバポレーターのみの交換ですませるご判断もありです。




ポイント2【純正部品を使用する⇔社外品を使用する】

純正品というのはこの車を製造した自動車メーカーさんが供給している部品です。
社外部品というのは純正部品と同じ規格で他の部品メーカーさんが製造した「純正部品互換品」です。

品質は純正部品≧社外部品です。
価格は社外品が若干やすくなります。数千円ぐらい差額があります。


○○ さまがあとどれぐらい今のお車に乗ろうかなとお考えなのかで、プラン&金額が違ってきます。


※通常の整備とちがい、エアコン修理では「中古部品」は使用いたしておりません。
1ヶ月ももたないことがあるからです。整備の信頼度が低すぎて作業工賃の無駄遣いになってしまいます。

  【プランは4つあります。それぞれに価格と整備精度(もしくはリスク)がちがいます】

【プランは4つあります。それぞれに価格と整備精度(もしくはリスク)がちがいます】


①フル整備(エバポレーター&コンデンサ/ドライヤー一体型交換→すべて純正部品使用)86,486円


②ちょい節約(エバポレーター&コンデンサ/ドライヤー一体型交換→すべて社外部品使用)79,898円


③節約型(エバポレーターのみ交換→純正部品使用)53,503円


④最安値・節約型(エバポレーターのみ交換→社外部品使用)52,423円


①→②→③→④の順番で価格と信頼度が違ってきます。

通常①のパターンがいちばん多い施工例です。 そのつぎは②です。

③、④は「つぎの車検期限までしか乗らないから!」とかお客さまからご要望があった時に、リスクをご説明の上、以前施工したことがございます。

概略を申し上げれば、以上のような感じです。

○○さまがPCからのお問い合わせでしたら、見積書、参考図などをJPG、PDFなどで添付するのですが、携帯からのお問い合わせでいらっしゃるようですので、文面のみにてご案内いたしました。

 【補足でございます】

※ご入庫のあった場合は、預かり金として5万円ぐらいを前預かりになります。
残りを納車時にお支払いになります。


※○○さまが自動車保険にご加入なら、その保険を弊社代車に転用できますので、代車は無料です。 ハスラー、ワゴンR、N BOXカスタム、タントカスタム、スペーシアカスタム、ミラココア、プリウス、アクアなどがございます(禁煙車)。


長くなりまして、申し訳ございません。 お問い合わせ、ありがとうございました。


協和自動車株式会社・タックス佐賀 古賀

 ・・・・・とだいたいこんな感じです。

実際には現車を確認しないことには、「確定」じゃないことが前提です。

このケースでは、お客さまが「エバポレーター」と故障部位を名指しでご指定だったので、整備工場さんや整備士さんがいったんざらっと診断されたのかなあということで見積をつくりました。

ですが、一般的には、エバポレーター、コンデンサ、ドライヤーだけではなく、コンプレッサー、エキスパンションバルブ、各ファン、各配管など考えられる不具合箇所は多岐にわたります。

やっぱり実際に点検して、ガス(&蛍光剤など)をとりあえず充填してきちんと特定してからじゃないと部品の発注そのものができないです。


まさか、他店さんが「○○が不具合だ」といったことを検証もせず鵜呑みにして、その伝聞のままいきなり部品発注&作業に入るわけには行かないですから。

 エアコン修理、ご相談ください。

メールでのお問い合わせでもOKですが、実際のお車を点検するのがいちばんです。

さきほどの例にしてももし、コンプレッサーが著しく劣化していたりすれば大きくお見積もかわってきます。

あるいは、一見してお客さまのお車全体の劣化が見てとれるときは、エアコンの修理自体のご再考をおすすめすることもありえますので。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!