画像

  • HOME
  • 中古車販売
  • 安くて良い中古車ってありますか?→2つのラッキーなケースだけ「良くて安い」です。

安くて良い中古車ってありますか?→ありますが、「安くて」「良い」のはラッキーな2つのケース。

 安くて、良い車、ありますか?→基本的には、良い車は高いです。

基本的に日常的なお買い物と同じです。
品質の良い商品はそうでない商品よりも高いですよね。


基本的に中古車も全く同じです。


中古車はどういうことで「商品としての中古車」になるのでしょうか。



基本的に今の車のオーナーさんが車を買い替えで下取りに出したり、買い取り屋さんに売却されたときに商品としての「中古車」が1台誕生します。



この生まれた1台の中古車の値段がつけられる第1段階は下取り査定、買取査定です。

 年式が新しく、程度の良い車は、下取り価格も高く査定します。また、オークションでも高く取引されます。

通常、業者さんがぼったくり系でないかぎり、年式が新しく、程度のいい車は高く査定されます。


そうじゃないと手放したお客さまが損してしまいますので。
※もちろん、中古車市場での人気、不人気、相場の上昇傾向、下落傾向は反映されますので、
程度のいい車は「ぼろい車と比較して」「相対的に」高く査定されるという意味です。



また、オークションでも高年式で程度のいい車は高値で取引されます。



ですから、この意味では、通常の流通経路では、相場を逸脱した超安値レベルという意味での破格値の「良くて」「安い車」なんてあるわけがありません。




店頭小売の場面でも、儲かるために車屋さんをやっている業者さんが、200万円で仕入れた車をわざわざ150万円で店頭販売するわけがないです。
100万円で下取りした車をジャスト100万円で売却しようとはなっから思っている業者さんは普通はいないです。そんなことばっかりやってればすぐに会社はつぶれてしまいます。



そういうレベルでの「夢みたいな」安い車をお探しなら、お諦めください。
じゃないと、「値段は安いけど訳アリ物件」を説明なしで売っちゃう嘘つき業者さんの餌食になるだけですので・・・

 何をもって、「良くて」「安い」とするのか?

何をもって「良い車」?

車は何気にお客さまの生命を乗せて走ってます。
なにげに命かかってます。


その意味からすると、何をもって「良い」とするのかは第一義的には明白です。


「安全に」走れる性能・状態を保っていることです。
次に「快適に」走れる性能・状態であるということです。
さらに予定外の出費・修理代が発生する将来的なリスクが比較的に低いということです。
それから、ファッション的な個々のお客さまのお好みにどれだけ合致しているかになります。

①安全 ②快適 ③低リスク ④ファッション的な好み




でも通常のお客さまの選択基準、行動パターン、思考パターンは真逆になることが多いです。




ご自分のお好み、ファッション的な要素を重視して
好みの車種・グレード・色の中古車を探して
一応リスクを回避するために
年式がなるべく新しく、走行距離がなるべく少ないのを選んで
その中で最安値の物件を買って、
その結果、
なかなか素人さんのぱっと見ではではわかりにくい品質(快適性、安全性)が低い「ババ抜きのババ物件」をつかまされてしまう。
ということが頻発します。




何をもって、「良い車」「良い中古車」とするかですが、
車屋さんとしては、
まずは「安全に」「快適に」走れる、将来的に大きな故障リスクの低い車だと思います。
一般のお客さまもそういうふうに認識をあらためたほうがいいんだけどなあと思います。








何をもって「安い車」?

何をもって「安い」とするかは、お客さまによって、また、何を基準とするかで意味が違ってきます。

「相対的に」「高い安い」の比較として「安い」
例えば、同じ年式、グレード、色、走行距離、同じ程度の車が、きちんと点検整備して、一定の常識的な保証をつけて、
あるお店ではコミコミ価格130万円で売ってある一方、他のお店ではコミコミ価格100万円で売ってある。
という意味での相対的に安いという意味での「安い車」という意味ですね。




「低価格車」「価格帯の安い車」
世間一般の社会生活のなかで認識されている「やっすい車」ですね。
一般的には、コミコミ価格で、10万円~20万円~30万円~40万円~50万円以下の車かなあと思います。
※お店に売ってある車で、コミコミ価格10万円以下の物件には手を出さないないほうが無難でしょう。
「推して知るべし」ですね・・・


 価格帯としては数十万円以上~数百万円だけど「相対的に」安い、「掘り出し物」度の高い車。

価格帯によって掘り出し物のラッキー度合いは数字的に違ってきます。

小売り相場的にコミコミ価格80万円前後の車なら、コミコミ価格70万円があるとしたらすごい掘り出し物だと思いますが、
コミコミ価格500万円ぐらいの価格帯で10万円ぐらい安くなってもさほどのことではないかと思います。

コミコミ価格200万円ぐらいの価格帯までは、10万円~20万円ぐらい割安なら、けっこう掘り出し物の度合いは高いのかな?と思います。
これぐらいの価格差なら、短期的な相場の上下の範囲でちょいちょいラッキーな買い物ができる確率も高いです。


コミコミ価格200万円ぐらいまでの価格帯で通常の相場よりも50万円とか、60万円とか安い物件はなんでそこまで安値なのか、きちんと裏どり、品定めをしたほうが無難です。



そんなに安く売ってあるということは、業者さんのところにはさらに安く入荷しているはずで、
もともと手放した人がまともな品質程度の車をアホみたいな値段で手放すことはないと考えたほうがいいでしょう。


また、手放す人の無知に付け込んだ形で買いたたいたような業者さんがいたとして、
その強欲な業者さんが、自分が転売するときになっていきなり無欲になって超安売りをするわけがないだろう。ということとにも思いをいたすべきでしょう。


ということで、「相場的に相対的に安い車」をお探しの場合でも、「夢みたいに安い」車を探すのは危険です。ふつう、いいものはそれなりの値段はします。



最終的にはお店選びということになるでしょうか。

少なくとも、お店の評判をしらべてから個々の物件の判断をしたほうがいいのかなと思います。
口コミなんかが参考になればいいのですが、最近は車屋さん自身がお客さんの代わりに自分たちで口コミの入力・書き込みをするのが常態化していますので、それもなんだかなあですが・・・







ただ、このページでは、絶対的な価格として安い、コミコミ価格50万円以下の「低価格帯」の物件で、良い車があるのかをメインにご説明したいと思います。

 「低価格車」「価格帯の安い車」 価格帯として、コミコミ価格10万円~20万円~30万円~40万円~50万円の車。

世間一般でいう「やっすい車」です。
わたくしたちが仕事をする中で感覚的にはコミコミ価格10~50万円ぐらいの価格帯ですね。
この価格帯での「良い車」は基本的に少ないです。



あとで詳しくご説明いたしましすが、ラッキーなケースは2つです。

①販売店で下取り、買取りした車を流通マージンが発生しないメリットを最大限に生かした形で利益を抑えて直販する場合。

②オークション経由仕入れて通常の仕入れ原価だけど、良質の在庫の在庫処分で赤字で特売する場合。

 コミコミ価格50万円以下→評価点5点の車はほぼ無理。

中古車には新車と違って程度の差があります。
で、その程度を格付けする評価点というものがあります。

通常、弊社が在庫として仕入れるのは5点オンリーです。

----------------------------------------------------------

10点/S点
登録前の新車/もしくは登録済みの未使用車

9~6点
未使用車もしくはそれに準ずる車(無傷)
10点やS点とどうちがうかといわれれば困りますが、まあ新品に近いというぐらいで運用されていると思います。

5点
いわゆる極上車。キズは小さいの、薄いのが1、2ヶ所?6点からちょっと減点。
わたしが業界に入った時の5点と言えば、今の6点以上みたいなかんじだった印象が残っていますが、
最近は評価点がインフレ化しているんじゃないかと思う今日この頃です。
まあでも、全般的に非常にキレイな車ですね。


---------------------------------------------------------


低価格帯、小売り相場で50万円以下相当の車では、評価点5点の物件はほぼほぼ流通していません。

年式の落ちた車でも、たま~にセリに出てきますが、落札価格はそれなりに高いです。
5点評価の物件なら、ふつう、オークションでの落札裸単価は20~30万円を切ることは稀です。

オークション仕入れの場合、小売りの値段がきまるまでには、オークションの落札の裸単価にいろいろな経費が付随発生します。
まず、オークション落札裸単価に消費税。
リサイクル料、落札手数料、システム使用料(オークション会員費の類)、陸送代、点検整備料金、名義変更手数料、車屋さんの利益、自動車税などがかかります。
また多くの場合は車検切れですので車検代、さらにタイヤが摩耗していることが多いのでタイヤ代がかかります。

5点評価の車でも、5点というのはあくまでも主に内外装の評価ですので、特に点検整備代は、年式の落ちた車ほどかかります。
つまり安い価格帯の車ほど整備代は高くつきます。
価格帯の安い車ほど、仕入れ値と小売価格の価格差は大きくなります。
価格差を縮めようとすると、整備を手抜きするしかありません。
つまりは価格帯の安い車を安いままに安く売ろうとすれば、「安全に」「快適に」走れる、将来的に大きな故障リスクの低い車に仕上げる作業をカットするしかありません。


ちゃんとした点検整備をする場合、オークション落札の裸単価が30万円だとして、
お客様渡しの金額はコミコミ価格で70万円とか80万円の訳のわからない数字になります。

逆算すると、コミコミ価格の50万円で抑えるためにはオークション落札価格を13万円~20万円ぐらいで抑える必要があります。(軽自動車か普通車か、車検残有り無しの違いはざらっとならしてざっくりの説明です)


5点の評価がつくような車を、オークション出品業者がそんなに安売りするかと言えば、あんまりそんな安売りはしません。また、オークションでの最低落札価格の設定が非常に安価になっていた場合でも、落札希望者が競合して競りあがってしまうことが多いです。


つまり、コミコミ価格50万円以下の予算を前提としてのオークション仕入れの場合、5点評価の車は、ほぼほぼ無理筋です。
ノー整備ならワンチャンあるかもですが・・・

 コミコミ価格50万円以下→評価点4.5点の車ならできるかも。

5点評価ではなくて次に4.5点評価の格付けの中古車ではどうでしょうか。

----------------------------------------------------------

4.5点(よんてんご)
良質な車。ちょこちょこ小キズ・凹みはあるものの中古車としてはぼちぼち上物の部類。
逆に言えば5点ではないので、細かいレベルまで気にすれば補修する必要箇所がちょこちょこあります。
数箇所の補修塗装跡とか。
これも最近のオークションでは評価点のインフレ化で、昔の4.5点からするとずいぶんバラツキが出てきた印象があります。わたしははじめっから要注意と思ってかかってます。
※ここ最近、4.5点ものは必ず補修塗装が必要ですね。。。

--------------------------------------------------------





最近の4.5点評価には車の品質でばらつきが大きく博打的な要素が大きいです。

ちょいちょいちょい傷へこみがあるものが多く、
特に厄介なのは室内のにおいがキツイ車が散見されるのが怖いところです。

弊社ではすでにずいぶん授業料を支払ってきていますので、
それに懲りてここ数年は4.5点モノに手を出していません。


例外的に、特定の車種のお車探しのご依頼をいただいたお客様に車の状態票などで見ていただいて、相談のうえで賭けの要素があるのを前提でちょいちょい落札していますが。



価格的な意味でも、4.5点モノの落札価格相場は5点ものとは違い、かなりのばらつきがあります。
根気よく毎日物件探しをして、該当物件に入札チャレンジを続ければ、かなり安く仕入れることができる場合もちょいちょいあります。


6万km以下で4.5点で検索条件を絞った場合でも、
年式、色、走行距離、グレードを不問で探せば、50万円コミコミ価格で収まる物件、
落札価格が10~25万円以下で落札できる物件が一応相場的にないことはないかな?という感じのことが多いです。(軽自動車↔普通車、車検切れ↔車検残りあり、タイヤ残り目あり↔タイヤ交換要などの条件で違いますが)



ということで、値段だけで言えば、オークション仕入れでも、4.5点評価の比較的に業界的な意味での良質車でも、コミコミ価格50万円以下にできる場合がないこともないです。


オークション出品業者さんが「安くてもいいから早く現金化したい!」と思って落札最低価格の設定を非常に安く設定していて、なおかつ落札希望業者さんたちの競合が少ない、あるいは落札希望業者さんたちの予算額がそろいもそろってしょぼい予算枠でしかなかった場合は、セリ自体が不活発な応札しか入らなくて、その結果やっすい落札価格になります。

※ただそのラッキー安値落札物件が、点検した結果、整備コストのあまりかからないメカ的な意味での良質物件かどうかは出たとこ勝負です(あとでご説明します)。






※ちなみに4点以下の物件をオークションから引っ張ってくる場合は、
少なくとも、内外装の程度については我慢してください。ということになります。
もしくは内外装の補修代が別途原価的に加算されます。


基本的にコミコミ価格50万円以下の中古車は4点以下の物件が大半です。

その中で「安全に」「快適に」走れる「将来的に大きな故障リスクが比較的に少ない車」を探すのは非常に難しいことではあります。といいますか、完全に運次第です。




--------------------------------------------------------

4点
むむ、でも、まあ、こんなもんかなあ。中古車として「粗悪ではない」レベル。
気にしたらきりがないほどの傷・凹み。板金塗装歴ありがもちろん多いです。
4点ものの車を補修せずにそのままお客さまにお見せしたら、「こんなキズだらけの車を私に売ろうと思ってるの!?」とかいわれると思います・・・
「安いんでOKOK」と割り切ったお客さまなら問題ないかと思いますが・・・



3.5点(さんてんご)
むむむ、、、ちょっとキズ・凹み多いんじゃない?内装もけっこう荒れてる。
(あるいは修復歴あり/事故車とまでは行かないぐらいの、
骨格/パネル部分のちょい修正ありの車とか)





3点  2点
3点
むむむむむむむ、、、、、、ひどい。ぼこぼこ。汚れまくり。サビがひどいとか。
○○建設さんが使っていたトラックとか。





2点
これ、車ですか?

わたしは実際に2点ものとか見た記憶がないですが・・・
いや、見たことあったかな・・・? ってかんじです。

そういえばこの前、アクセルペダルの下の床が腐食して穴が開いて、
道路が見えている軽トラックに2点モノがありました。





1点
どんなにキレイに見える車でも「訳あり」の車。
一回盗難グループに窃盗されて、偽造された車台番号に入れ替え加工してある。
洪水で、冠水して乾かしてある形跡がある。
もともとはAT車なのに勝手にMT車に改造してある。
雹(ひょう)に降られてぼこぼこになって全塗装など。
いろいろな訳ありがあるかと思います・・・・
各会場の規約とかでいろいろ違うとは思いますが・・・・




0A点(ゼロエー)/RA(アールエー)点
車両のキレイさにかかわらず、修復歴あり。
ただし、足廻りや骨格部分の交換歴ではなく、一部修正、または一部交換。
(でもいわゆる事故車は事故車・・・)

※最近は評価基準の緩和で、昔なら0A/RA点ものでも3.5や4点になる会場さんも多いですね。



0点/R点  (ぜろてん・れいてん/アールてん)
車両のキレイさにかかわらず、正真正銘の修復歴。足廻り交換や骨格部分の交換歴。
(けっこうがっちゃんとやった車を修理してある事故車)

--------------------------------------------------------


弊社では、注文でも4点以下は受けていません。
4点でもお受けしていますのは、貨物車(トラック、貨物バン)ぐらいです・・・



快適さを求められることが多い乗用車では4点物はリスクが高いです。
とくに室内のにおいがヤヴァイときがこわいです。

 4.5点もののラッキー安値物件でも。低価格車のリスク。念のために、念押しのご説明。

ただ、15~25万円以下で落札できる4.5点物の物件は、年式的にすでに10年式前後かそれより古い車のことが多いので、購入後のことを考えると、正直当たりはずれのリスクが付きまといます。



お店に下取りとして入ってきた車ならじっくり整備工場で車の品質の善し悪しが点検できますが、
競り市・オークション仕入れの車は内外装の程度が状態票でわかるだけですので、
メカ的なくたびれ具合や状態は落札した後の点検次第ということになります。




中古車業界のオークションで落札した車の場合は基本的にノークレームノーリターンが原則です。
なので、年式が落ちた車をオークションで引っ張って来るのはかなりリスキーです。



さらに言えば、もし車屋さんに「けっこう程度のいい低価格帯の車」が下取りで入ってきた場合、
通常はその車屋さんで小売するのが普通
です。わざわざ「卸売り」のオークションには出品しません。


そちらのほうが儲かるからです。


低価格帯の車でオークション出品するのは、
「一応下取りしたけど、うちではあんまり売りたくないなあ。販売後の苦情が嫌だし」という場合が多いです。

 中古車業界の「ババ抜き」

よさげに見える低価格帯の車が7台オークションに出ているとして、
そのうち3~4台は「うちでは小売したくないなあ」と業者が出品した車のことが多いです。


実際、弊社でもたまたま入荷した価格帯の安いものでよさげな車は整備工場で品質を確認した後、「安くていい車」だったなら100%弊社展示場で小売しています。



内外装的にそこそこよさげに見える車でも整備工場で点検して「エアコン故障の前兆があります」とか「オーバーヒートの形跡があります」「エンジンオイル食いの疑いが強いです」などの車はオークションに出品して売りさばいています。


下取り原価で売り出した後、そこそこの値段まで競り上がっていることがありますが、
「あの車競り落とした業者さん、ちゃんと整備するのかな?すごく高くなるけどなあ。そりゃ、いままでも今までのお客さんが乗っていた車だから、乗れるのは乗れるけど・・・」とか思っています。


いわば、業界で「ババ抜き」をしているわけです。
安い価格帯の中古車が7台出品されているとして、そのうち3~4台は「ババ」みたいな感じです。



弊社というか、私もずいぶん授業料を払ってきました。
オークション仕入れで「程度そこそこで安っ!」喜んでたのに、そのあときちんと点検整備したら、利益ゼロとかマイナス7万円とかちょいちょいちょいちょいありましたね。



車屋さんが恒常的に事業を成り立たせるためには、
競り合いの競争の中ではあるけどもいつでも車を調達できるオークションで仕入れるしかありません。



しかし、コミコミ価格50万円、コミコミ価格30万円以下の物件を店頭に展示して並べ続けることができるためには、超ラッキーな仕入れを続けれれる神がかりが続くか、

もしくは点検整備を省くしかありません。



コミコミ価格50万円以下のお安い物件をお探しのお客さまにおかれては、ババ抜きのババ物件を引いてしまわないために自衛策が必要です。


コミコミ価格50万円以下の物件をもしご購入されるなら「ちゃんと点検されて交換必要部品が予定されているか」「車の状態性能がきちんと把握されているか」「ちゃんと整備を実施したうえで納車されるか」確認することが必要だと思います。

それが自衛策だと思います。

 ということで、【まとめ】

相場的には、オークション仕入れでも、コミコミ価格で50万円で4.5点モノの良質車を入手できる可能性があることはあります。


ただ、ご説明申し上げたように「メカ的な意味においても安くて品質のいい車」がオークションにたくさんでているかというと、むしろ珍しいです。


ババ抜きのババをつかまされた時のリスクを考えると正直博打になります。
という感じです。



車を購入される場合はファッション的なお好みはもちろん大きな要素ですが、
安全に、快適に、予想外の維持費がかかることなく乗れるということも大切ですので、
車屋さんとしてはちょっと慎重なスタンスをとっちゃいます。。。。

といった感じです。



コミコミ価格50万円以下の良くて安い車がある、ラッキーなケースは2つです。


①販売店で下取り、買取りした車を流通マージンが発生しないメリットを最大限に生かした形で利益を抑えて直販する場合。

②オークション経由仕入れで通常の仕入れ原価で、良質在庫なんだけど、商品入れ替えのための在庫処分で赤字で特売する場合。





弊社としましては、
下取りで入ってきて、整備工場でじっくり点検して、整備士さんから「こりゃあ、いい車ですよ」「メカ的にしっかりしていますよ」「○○と○○と○○と○○ぐらいを交換すれば、近い将来的には大きな故障のリスクが少ない程度のいい車です」とか言われたラッキーな下取り直販物件をおすすめしていけたらと思っています。


あるいは定期的な在庫の見直しの中で一定期間、当初の売値で売れなかった良質な在庫車を値下げして売っている在庫車処分の場合は購入されるお客さんはラッキーだと思います。
弊社の場合は5点評価ですから。


※ただ、コミコミ価格50万円以下の価格帯まで値下げすることはほぼほぼないですね。
コミコミ価格99.9万円→89.9万円→85.9万円や、コミコミ価格89.9万円→79.9万円→75.9万円や、コミコミ価格79.9万円→69.9万円→65.9万円あたりでほぼほぼ売り切れてしまうことがほとんどです。






以上、「良くて安い」中古車についてでした。


※ただ、コミコミ価格50万円以下の物件についてはやっぱりあくまでも「比較的にリスクの少ない物件」を探すということどまりです。

どの車も新車から廃車になるまでの一生がありますが、
コミコミ価格50万円以下の物件はその一生の過程でも最終過程に入りかけた車なのは事実ですので、
過度なご期待は無理筋な話ではあります。




長くなって、申し訳ございませんでした<(_ _)>

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

車の販売から車検、車修理に関するご相談ならお気軽にお問合せください。WEBからのご相談は24時間受付中です。お電話ならその場でご対応可能です。

【車検、点検、メンテナンス、エアコン修理、キズヘコミ修理、事故修理などは整備工場】
TEL:0952-73-2411※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

【お車のご購入、新車のご相談、中古車のお問い合わせ、お見積もり、査定・買取などは展示場】
TEL:0952-73-3848※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

メールでのお見積りは24時間受付中

AM9:30~17:30まで店頭受付
※お電話でのご予約受付は、9:00~18:00まで

整備工場の車検事例のページはこちら

中古車販売の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!